プロミスの審査にも注目

サラ金とも呼ばれていた

消費者金融とは、消費者のための貸金サービスをおこなっている金融機関です。かつてはサラリーマン金融と呼ばれており、サラリーマンが主なターゲットとなっていました。しかし消費者はサラリーマンだけではありません。

 

たとえば主婦や退職した高齢者なども、生活のために多くのお金を使っていますし、お金が足りなくて困っていたりもします。つまり現在では借り入れの需要が、サラリーマンだけにとどまらず拡大しているのです。そのため、全ての消費者をターゲットとする消費者金融となったわけです。

 

借り入れをおこなうには収入が必要です。かつてサラリーマンが対象となっていたのは、サラリーマンには安定した収入があるからです。しかし消費者全てが対象となったため、やや基準が低くなりました。

 

安定した収入ではなく、返済に充てることのできる収入がありさえすれば借り入れできるようになったのです。たとえばパート主婦や、年金生活をしている高齢者でも、借り入れが可能です。またサラリーマン金融だった時代には、大金を求める人には大金を貸し付けており、そのために返済に困る人が続出していました。

 

現在ではそれが見直され、個人の収入の額を考慮して、返済できる金額のみしか貸し付けをおこなわなくなりました。したがって、返済に困るような事態になることはまずなく、安心して利用できるようになったのです。