プロミスの審査にも注目

金利負担を抑える

カードローンの金利は金融会社によって異なります。いずれも利息制限法の範囲に従い金利を定めるのは変わりませんが、最大で20%までの中で設定できるため金融会社によって金利は一様ではありません。それなら、できるだけ低金利で融資が受けられるカードローンの方がいいにきまっています。

 

カードローンは借り換えをすることによって、現在の金利よりも低金利で契約しなおすことが可能です。ただ、借り換えるにはもちろん審査があります。

 

安定した収入があることはもちろん、返済の延滞などはなく、他社の借り入れを精算してあれば審査に通過できる可能性も高まります。また、1社を切り替えるだけではなく、現在借り入れをしている複数の金融会社の債務をまとめて1社に借り換えることもできます。

 

これはおまとめローンという借り換え商品になりますが、複数の債務が1社の債務となれば借金の管理がしやすくなり、低金利で契約することで利息負担を大幅に減らすことも可能でしょう。

 

おまとめローンの審査はより厳しくなりますので、抱えている債権者が多い場合は全てをまとめようとは思わず、高金利で融資を受けている2社もしくは3社をまとめるようにするなどの工夫も必要です。

 

借り換えで利用すべきは低金利の借り入れ

借り換えを効果的に使っていく予定であれば、金利が低いオリックス銀行カードローン借り換えを考えてみましょう。業界最低水準と言われている金利で、返済の負担が軽くなります。
低金利のバンクイック